『銀座古川』は20周年を迎える事が出来ました。

2001年4月2日銀座5丁目ニユーメルサ(現EXITMELSA)にオープンしました。

初代古川喜春は帝国ホテルで35年勤め夢であったお店を持つ事が出来ました。

色々な場所を探していた時にめぐり会えて『銀座』になりました。

しかし、1年たたずに父、古川喜春は他界。息子である智久と母である百合美と共にこの『銀座古川』を守っていく事に決めました。

帝国ホテルの父の同僚の皆様にも色々面倒みていただき、絆の力を知りました。

東日本大震災、リーマンショック、銀座のインバウンドによる客層の変化、を乗り越えながらなんとかやってきました。

『東京オリンピック』までは銀座でと思っていましたが、その後の事も考え『移転』を決めました。

『移転』先は本当に色々悩みました。

東京からは離れ、『鎌倉』へと移転をしました。

移転後はなかなかお客様に認知されず、大変だった時も『銀座』からの常連様のおかげでなんとかやれてました。

少しずつ、少しずつ鎌倉の地元のお客様に知られていきさぁ‼️これからだ‼️という時

『コロナウイルス』

世界的な流行と飲食店へのダメージは今まで以上の厳しさがありました。

お持ち帰りや、デリバリーなどその時に出来る事をやりながら今に至ります。

色々と大変な事もありましたが、基本的はポジティブな家族なので「なんとかなるでしょ⁉️」とあまり深く考えず20周年を迎えましたがこの先も『なんとかなる‼️』と思いながら、新しい事にチャレンジし向上心をもっていきたいと思います。

「なんとかなるでしょ⁉️」と思えたのも今まで『銀座古川』で一緒に仕事をしてくれたスタッフ、業者様、そして一番大事な御客様。

皆様のおかげで20周年を迎える事が出来ました。

本当にありがとうございます。

これからも頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

代表取締役古川智久

古川百合美

 

Top