店舗案内

先代 古川 喜春

2代目 古川 智久

帝国ホテルで36年間勤務、イギリス日本大使館公邸料理人として抜擢、
その後フランスの名門ホテル「リッツホテル」「ホテルクリオン」等で修行し、
パナマ日本大使館公邸料理人として抜擢、
帰国後は色々な部署の料理長として勤務。
2001年4月「美味しい料理を身近に感じてもらいたい」という思いで
念願だったお店を『銀座』でオープンする。
残念ながら一年たたずに他界。

古川 百合美

古川 百合美

昭和36年念願の宝塚音楽学校入学。
6年間の舞台生活を終え、NHK「きょうの料理」のきき手として活躍。
イギリス日本大使館公邸でお世話役として勤務。そこで古川喜春と出会う。
『銀座古川』オープン後は看板娘?として、元タカラジェンヌの男役だった事もありネクタイを締め「心を込めておもてなし」を心がけている。

2代目 古川 智久

2代目 古川 智久

父古川喜春は料理人とては珍しく、家でよく料理を使ってくれてました。
大きな鮭が届いてそれを綺麗に捌いて見せてくれたり、朝御飯には何人前?と思うような大きなオムレツ。友達が遊びに来ると晩御飯にはタンメンを作ってくれて友達も喜んでいました。
「僕も父のように料理を作って喜んでもらいたい」と思い料理人になろうと決意しました。
高校卒業後エコールキュリネェール国立へ。
卒業後は帝国ホテル入社。
上高地帝国ホテルへ主張。
父と一緒に働く事が夢だったので、『銀座古川』で夢だった父と仕事する事が出来たが間もなく父は他界。
自信も無い。レシピも何も残っていない。
辞めるか続けるか葛藤してる中、母百合美が「やってダメならしょうがない。やるだけやってみよう❗」と励まされ、帝国ホテルの先輩、仲間達に支えられ『銀座古川』を守る事が出来ました。
そして思い出の詰まった「銀座」を後に新しい地『鎌倉』へ移転。
「本当に美味しい物を手軽に、アットホームな空間で」をコンセプトに今に至る。

店舗概要

法人名 有限会社銀座古川
店舗名 銀座古川
店舗所在地 〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2丁目12−35 大路ビル 2F
代表取締役 古川 智久
TEL 0467-50-0016
営業時間 ランチ
11:00~14:30(14:00LO)月火水金
11:00~15:00(14:30LO)土日祝
ディナー
17:00~21:00(20:45LO)
※緊急事態宣言中は夜の営業はお休みになります。
緊急事態宣言解除や他の条令にそってまいりたいと思います。
よろしくお願いいたします。
定休日 木曜日
座席 12席
駐車場 無し。近隣の駐車場をご利用ください。
支払方法 現金、PayPay

アクセス

JR、江ノ島電鉄「鎌倉駅」から徒歩5分